Vol.196 恋する人妻倶楽部 「綾(あや)」さん 篇です!!



ああ、この乾いた心を潤すものがあるとすれば…、それは、恋…。
おっと、これ以上はいけねえ。最近人肌恋しくてねえ、弟子よ、今日のお相手、
俺様に替わってくんない?

弟子「そんなあ!今日は『恋する人妻倶楽部』さんだっていうから、楽しみに…、」

綾(あや)さん「まあ、期待してくださってありがとうございます♪」

ああっ!弟子と入れ替わっちゃう計画、失敗ナリ〜!

そんな俺様の失意をよそに、弟子は本日の奥様、綾さんと早くもいい感じ!!
悔し紛れにファインダーをのぞく(笑)俺様の目の前で、

弟子「コート脱ぎながら、くるっと一回り〜♪」

って、おめえ、綾さんのパンツ覗きこんでんじゃねえよ!
抜け目ない弟子と、奥様のイチャイチャ具合に、俺様は悔し涙が…。

綾さん「じゃあ、さっそくですけど…。」

と、弟子を脱がせ始める綾さん!こりゃ素早い!!
予想外に積極的な綾さんに、弟子も俺様も、若干戸惑い気味。
そして、ちゅっちゅ、ちゅっちゅ、とかわいらしく弟子のサオの先端を吸い始めると、弟子もこれに反応!
弟子の反応を確かめながら、更にディープな舌技で責めまくる綾さん!!

弟子「ほうっ!?あ、綾さん…!」

おっと、今日の弟子は、これまた「甘えん坊将軍」!(笑)
好カードッスねえ。
こうなりゃ「綾さん>弟子」の構図の出来上がり。

弟子「く、くうううっ…、」

快感のあまり、立ちあがり、壁際に追い詰められる弟子!
逃がさない!
綾さんは、逃がさないっすよーっ!!
シツヨウに追いすがる綾さんっすけんど、そのテクニックは実に繊細!!
激しく舌でこねくり回すかと思えば、まんべんなくサオ全体に舌を這わせ、相手の反応に合わせて技を変えていくのッス!!

綾さん「おいしぃ♪」

くわえて、この微笑み!!
くうううっ!俺様もお相手してほしいのだーッ!(涙)


さあ、即フェラも佳境に入ったところで…、

綾さん「じゃあ、お風呂にしましょうか。」

おうっ!?弟子の興奮状態を保ったまま、お風呂プレイに突入!!
しかも、弟子に「お先にどうぞ」と、先に入ってもらう心遣い!
これだよ!俺様が、人妻属性たるゆえんは!!(力説)
そして、弟子の背中を優しく流すこの姿!!

弟子「ああ、人様に背中を流してもらうなんて、何十年ぶりだろ…、」

うんうん!そうかそうか!…って、おおう!チ○ポまで握られてんじゃん!!(笑)
その性的興奮に任せて、綾さんのカラダを撫でまわ…、

弟子「お、お返しですよ!失敬な!」

あー、はいはい。
お互いのカラダを洗い終わったら、湯船で抱き合い、お湯とひと肌でヌクヌクっすね。

綾さん「うふふ。ムスコさんが当たってますよ♪」

弟子「だ、だって、気持ちいいんだもーん。」

ちくしょう!ラブラブじゃねえか!!
でもって、ラブラブついでに「潜望鏡フェラ」ってワケっすよーっ!!

弟子「あ、ああ…、極楽ぅ〜…、」

きぃいいいっ!
く、悔しいいいいいっ!!
しかも、さっき俺様が目撃した、極上の舌テクがここでもさく裂!!

弟子「し、ししょおぉ〜、しゅ、しゅごぃいいい〜…、」

弟子の、極楽浄土な表情に、俺様はひそかな殺意を(笑)
さあ、ひとしきり綾さんの舌テクをタンノウした弟子は、

弟子「奥様、味見がしたいのです。」

と、クンニを所望!!

綾さん「しょうがないわね♪」

優しい微笑みとともに、花びらを突き出す綾さん。
しゃぶりつく弟子。やっぱ、ラブラブなんで、俺様的にはジェラシー(笑)