Vol.219 ママトモ 「かほ」サン 篇です!!



弟子「…師匠、『おしゃぶり』って、こっちが上?」

…ここ40年近く使ったことない(歳バレル)から分からん!!第一それでウケるとでも…?

かほサン「かほですぅ、よろしくお願いしますぅ。」

おっと、「ママトモ」さんのかほサンが登場ッ!今回の奥様は業界未経験…、って、ああッ!?

弟子「むぐむぐ。ママーっ!!

俺様の横をすり抜けて、テンションが異常に上がった弟子が出現!!これは大惨事ッスよ!!

かほサン「……、ぷ。」

…これ、ウケてる?それとも、苦笑いなのか?
しかーし!
弟子は「これはつかんだ!」と思ったんスね。畳み掛けるように、今話題の「壁ドン」!

弟子「(おしゃぶり外して)奥さん、ノーパン出勤、ですよね?」

むむ!これはウケてる!?
笑い過ぎてまともに弟子の顔が見られないかほサン、スカートめくりあげられても、スカートの中に潜り込まれても笑いっぱなしッス!!(笑)
どーも、今回のかほサン、笑いのツボが浅いのか弟子の押しが強すぎるのか、とにかく笑いが止まらないッス。
まあ、おしゃぶりくわえて出迎える客なんか、そうそういないだろうからねえ…、
で、オプションとコースの確認…、かほサン笑い過ぎッス(笑)
そこに持ってきて、

弟子「電マとローターも使いたいのだが!」

かほサン電マ!?どーやって使うんですかー!?」

大事なことなので、もう一回言っとくッス!!かほサンは業界未経験!新人さんなのッス!!
そうと分かると、弟子の表情が豹変!!

弟子「うほほほ。そうかいそうかい、じゃあ、優しくしてあげないと。」

とか言いつつ、かほサンの背中に舌を這わせる弟子。
まさか…、今日の弟子はいわゆる「新人キラー」なのか!?
それは、そのお店に入ったばかりの新人さんをメインに指名する、いわば味見マニア、いわば「性のソムリエ(気取り)」!!
偶然とはいえ、今回はお店のおすすめが「かほサン」だったのッスけんど、ある意味これがドンズバなわけで…、

弟子「いやっはー!ノーパン&パンスト、サイコーッ!!」

うわ、テンション更にアップっすよー!!
しかも、弟子のSっ気も相当なもんで、

弟子「しかも、ノーブラ出勤ですもんねー。」

めくりあげたワンピースで目隠ししながら乳首をペロリ。

かほサンひやあっ!

弟子「ほうほう、感じる?OK!」

つーて、今度は口に含んで吸っちゃうッス!!


てなわけで、弟子の責めに早くもあえぎまくる人妻…、とか、そんな展開を期待する所ッスけんど、何せかほサン、笑いがこらえられない!!

弟子「ほーら、乳首が立ってきたよお。」

かほサン「…ぷっ、ぷはは!くすぐったいですぅ!」

弟子「…し、ししょお〜(困)」

いや!くすぐったがりという事は、感度良好という事!!責めの姿勢を崩すでない!!
ストッキングを脱がして、ついに全裸となったかほサンを目の前に弟子は責めの手を緩めない!!

弟子「よし!羞恥心をあおってかほサンの感度を上げるのだ!」

かほサンに見せつけるようにストッキングのにおいをかぎまくる弟子!!
しかーし!恥ずかしがりはすれども、笑いが止まらないかほサン!!
ここはいったんブレイクして、弟子も脱がせてもらうのだ!!
それ、かほサン!ズバーッと!!

かほサン「えーい!ずばーっ!

うむう、思い切りよく脱がせる姿は、無邪気な恋人同士に見えなくもないッス。
今回のマン遊記、コンセプトは「恋人同士」ってことにしとくか?
これだけ笑い上戸の新人奥様かほサンッスけんど、そこはやはり人妻!
脱がした服はきちんとたたんでおくッス!!

弟子「そーれ、おっふろ、おっふろ♪」

ゴキゲンの弟子、それを見てまたも笑いのツボにヒットするかほサン。
弟子のカラダを洗っているときも、弟子の顔を見るたび笑ってしまうのッス。
だったら、弟子の方も覚悟を決めてかほサンを洗うのじゃー!!

弟子「さあ、オイラの欲望丸出しの手洗いに耐えられるかな〜?」

初めから言っちゃうのもどうかと思うっスけんど、その意気や良し!!
言葉通り、弟子は積極的なハグも交えてかほサンを洗いまわす!!そして!!

かほサンきゃうん!!あン、もう…、

なんと、真下から股間をめがけてシャワーを当てまくる弟子!!
若干、たんなるイタズラ小僧に見えなくもない!(笑)
とか言ってたら、湯船の中では更に「小僧っぷり」がエスカレート!!

弟子「そーれ、熱いのかけちゃうぞー(笑)」

かほサンきゃっ!ほんと、もー、やめてー♪」

お湯をかけて戯れる二人。そして、イチャイチャゲージが高まったところで、かほサンの下半身や背中にちょっかいを出し始める弟子。
お、これはイイ感じになってきたんじゃないッスか!!