Vol.137 アナルファック専門店 陵辱人妻-りょうじょく- 福島店 「ちさ」サン 篇です!!



押忍。ノッチっす。

弟子「押忍。師匠、今日はテンション低いですね。」

いやいや、いつもの調子じゃ、今日の「アナルファック専門店 陵辱人妻 -りょうじょくひとづま- 福島店」さんのイメージにあわねえンじゃねえか?とか、思ったわけよ。
あの店名だし、なんかこう、ダークな感じッちゅうか…、

ちさサン「こーんにちわー。よろしくお願いしますー。」

弟子「…いたって普通の、明るい奥様ですが…。」

…そ、そうじゃのう。
俺様の予想を裏切る朗らか奥様「ちさサン」!!
その目の前に並べられるのは弟子がセレクトした持ち込み責め具の数々!!
しかも、すべての使用を快諾してくれる辺りはさすがッス!…バット、ってのは気になるッスけんど…。
ま、お店のHPでも、彼女のM度はお墨付きッスからネエ!
そういうわけだから、弟子よ!存分に責めまくるのじゃあッ!

弟子「奥さん、まずは下を確かめさせてもらうぜ!」

ちさサン「きゃあ!恥ずかしいですぅ!」

おっと、こりゃあ可愛らしい、って、ちさサンは22歳の若妻!!つやも張りも、やっぱ違うッスねえ!
従順な若奥様に脱がせてもらって、まずはお風呂!
さすが従順度ナンバーワン奥様!手洗いのかいがいしさも、男のS魂を揺さぶるッスねえ。
弟子「ふっふっふ。それじゃあここでオシッコしてもらおーか?」

うおっ!イキナリ聖水とは!今日の弟子、なかなかSっ気は強い方と見たッ!!
そんな弟子の聖水命令に、真っ赤になりつつ素直に従うちさサン!

弟子「窓際に、大きく脚を開いて…、そう、そこでするんだあ…、」

ちさサン「そんな、すぐには出ません…、」

弟子「窓際だから、早くしないと誰かに見られちゃうぞー。」

すると、ああ、と小さく言って、震えながら放尿するちさサン!!ちさサンのM度もかなりレベル高いっすヨ!!
お風呂で恥辱にまみれた若妻ちさサン。ベッドに戻ったら今度はエロチック・ランジェリーで辱めを!!

ちさサン「こ、こんなかっこう、恥ずかしい…、」

きゅっ、と身を縮める仕草に俺様もハートをズキューン。弟子のS魂はさらにターボがかかる!!

弟子「恥ずかしがってるのに、体は欲しがってるんだろー?」

ちさサンの羞恥心をあおりつつ、ローターを操る弟子!なかなかやるではないか(笑)


ローターで責められて、乳首をビンビンに立たされちゃったちさサン。

弟子「下の方も、コリッコリにしちゃうかんねーッ!」

と、得意顔でアソコを刺激し始めたッスヨー!トーゼン、ちさサンも激しく反応ッ!!

ちさサン「あ、だ、だめですぅ…ッ!」

弟子「こーんなにお汁たっぷりで、どこがダメなんだーイ?」

指先に力を込めると、ローターを一気に挿入する弟子!!

ちさサン「ひゃ、ひゃううっ!!」

自分の中で、ハジケながら振動するダブルローターに悶えまくるちさサン!弟子は、すばやくポジションを変えると、乳首をクリクリいじりつつベロ吸い状態ッ!!
そして、ずいずいとカラダをちさサンの上に覆い被せる弟子は、ついにオノレのタマやサオをベロベロ嘗め回させます!!

弟子「うっほほーい!そうだあ、ベロンベロンにナメまわすんだあ。」

そして、自分はバイブでちさサンのアソコを責め巻くるーッ!!って、おい!ローター入ったまんまじゃねえかッ!?

わが弟子ながら、この鬼畜ッぷりには俺様もあ然!!

弟子「どーうだあ。奥でブールブル動いてるだろお?」

ちさサン「あ、あああっ!だめ!ダメになっちゃううッ!!」

そして、ちさサンを腹ばいにして、お尻を突き出させると、ちさサンの美しいお尻に舌を這わせ始める弟子!

やがて、ちさサンが力なくへたり始めると、今度はちさサンのカラダをまたぐようにして、さらにバイブでえぐる!えぐる!えぐりまくる!!

ちさサン「ああ、本当にダメ…、もう…、」

弟子「奥さーん、そんなこと言ってぇ。お尻の穴がヒクついてるよーン。」

ぐぬぬぬ。こやつ、人妻の羞恥心をフルにあおってやがるッスねえ。
弟子「さあ、ちさサンの口から言ってごらん?『欲しい』って。」

おお!「言わせる」っちゅう、ワザまで!!しかも!

ちさサン「ほ、欲しい、です…。」

弟子「そーかーっ!では、じっくり味わうが良い!!」

かるーく身震いさせたちさサン!これは効いてるっすヨーッ!!
それだけに、イラマ的なフェラポジションには説得力があって、興奮度は高まるばかりっスッ!!