デリヘル【 Celeb Garden -セレブガーデン-ミオ ちゃん


■■ chapter 01 ■■
※写真をクリックすると大きい写真でご覧になれます
さて、皆さん。世の中にはセレブと言われる上流階級の人間が存在します。
ホンの一握りの彼らは、いつも憧れの的!
今日のお店はその名も「Celeb Garden -セレブガーデン-」さん!僕らをセレブのお庭にご招待してくれる、夢のお店なのだ!!

ミオちゃん「はじめましてー。ミオですー。」

お、やってきました本日のヒロイン、ミオちゃん!!優雅な身のこなしに、上流階級のニオイがするぞ!

体験君「やあ、待ってたぜぇ!」

およよ。今日の体験君は、ちょいとばかりワイルドな雰囲気だねえ。
でもって、さっそくシステム説明…、

体験君「おっと待った!その前に今日はミオちゃんにお似合いのコスチュームをもってきたぜぇ。」

つーて、体験君が取り出したのは、体験君の雰囲気からは想像もつかない、キュートでエロいコスチューム!!絶妙な部分にワレメがあるってのも粋じゃないか!彼のどこからこんな感覚が生まれてくるのか、全く想像がつきません!!
やっと落ち着いたところで、システム説明&アイテムのお披露目。体験君の目線はチラリチラリとミオちゃんのほうへ。
露骨過ぎるぞ、体験君!!

ミオちゃん「じゃあ…、そろそろ…、」

ムム!?この反応は、まるで素人さんじゃないか!!

体験君「かわいい子猫チャン、俺がリードしてやるぜえ?」

と、ふんぞり返ってミオちゃんに身を任せちゃう体験君!!
しかし、脱がしてもらっているうちに、体験君もテンション上がっちゃった様子!!

体験君「さあて、次はこっちの番だぞう?」

積極果敢な体験君のアタックに、恥じらいまくるミオちゃん!これはたまりません!!

体験君「このウブな感じがたまんないぜぇ!」

お風呂でも野性味全開の体験君!!
ウザイくらいのワイルドッぷりに、僕もミオちゃんもドン引き…、と思いきや!

ミオちゃん「リードしてくれる男性って…、ステキ…(ぽっ)」

なーにーッ!!どーゆーワケだね、キミィ!!
イキオイだけの体験君に、まんまと乗せられちゃってる感アリアリのミオちゃん。
湯船の縁に腰掛けての濃厚キスから、もっさり毛乳首へのご奉仕と、体験君の言うがままにプレイを進めます!!
まあ、このウブな感じがミオちゃんの魅力なんですけどねー。
体験君「そーれ、今度はお宝にご挨拶だぜえ。」

ミオちゃんの軽いジャブで、ほどよく成長したムスコをブルンと一振り、体験君は、さあ、これこれ、とミオちゃんの前に差し出します!
ソレを、もじもじ、おずおずと口に含むミオちゃん!

体験君「もはや、オイラの虜かァ!?」

そのカン違いっぷりもワイルドだな、おい(笑)
そんな体験君だから、お風呂のあともソファでゴキゲン!!

ミオちゃん「このコスチューム、かわいいですね♪」

体験君「どーよ、オイラのセンスも捨てたもんじゃネエだろう?」

ドヤ顔をミオちゃんに舐められながら(&乳首までいじられつつ)、体験君はイチャイチャ気分をタンノウしております!
体験君がワイルドならば、ミオちゃんは甘えん坊!体験君の乳首をくすぐりながら、その肩にかわいいキス!

体験君「かーわいーねぇ。ほんじゃ、ゴホウビゴホウビ。」

と、コスチュームのエッチなワレメに指を伸ばしちゃいます!!
いじりいじられ、いちゃつく二人。テンションが上がってきましたねえ。

体験君「ああ、ミオちゃん、ミオちゃん。これ、めくって見そ?」

ミオちゃん「えー、と。あ、おっきくなってきましたよー?」

すると、体験君、間髪入れずに手コキを要求!自分で乳首をいじりつつ、快楽に酔いしれます!
気持ちの高ぶりを押さえられない体験君は、自分の乳首をいじっていた左手をミオちゃんのオッパイに!!

ミオちゃん「きゃあん!」

体験君「おっほほう?やわらかくて、気持いいんでないかぁい?」

ミオちゃん「んもう、体験君のイジワルう…、」

ホレボレするほどのいちゃつきっぷりですな(笑)
しかーし!
イチャイチャも度を越えると、一気にビッグウェーブになっちまうわけで。

体験君「…う、うお…、」

ミオちゃん「きもちいいですかあ?」

体験君「い、いい、いいぞおおっ!

って、おいおい、まさかここで…、あああッ!!
早々と一発目をやっちまいましたよッ!?