デリヘル【 デリヘルJAPANメグミ ちゃん


■■ chapter 01 ■■
※写真をクリックすると大きい写真でご覧になれます
体験君「がんばれニッポン!!体験君は日本代表を応援しています。」

…え、と。そうですか。一体、なんの代表なのかもはっきりしないけれど、つまり、
今日のお店が「デリヘルJAPAN」さんであることを表現したいワケだな!!

体験君「特にこの子!!メグミちゃん!!オッパイ押しであるのは間違いなし!!」

そうか!キミがオッパイ聖人であるということもわかったよ(笑)
そんなこんなで、体験君が早々とモーソーにふけっていると!

メグミちゃん「どーもー、こーんにーちわー♪」

体験君「やあ、いらっしゃ…、おお!!見事なオッパイ様じゃないか!!」

すると、メグミちゃんは、てへへ、と笑いつつ上着の襟元をはだけると、なんとも痴女チックなブラチラ状態!!

体験君「うひゃあ!こいつはたまらん!!」

と、両手をワキワキさせて今にも掴みかかりそうな体験君!!
どうどう!落ち着け!
てなわけで、はやる体験君を御しつつ、お二人はソファで談笑しつつ、本日の流れやシステム、アイテムの説明等々…、

体験君「ほーら、こんなのもあるんだよー。(ぐいぐい)」

メグミちゃんきゃん!

おいおい!アイテムの説明だけだっちゅーに!!
とはいえ、これだけのオッパイ様が目の前にあったんじゃあ、そりゃあお預けは苦痛でしょうとも。

体験君「ふぬうううっ!辛抱たまらーん!!

メグミちゃんを立たせた体験君、背後に回り込んで、豊かなバストをがっちりワシヅカミ!!
エロい吐息が漏れ始めたところで、サクサク脱がし始める体験君!!
まさに早業、いや、焦りすぎか!?

メグミちゃん「ああん、もっとゆっくり…、」

体験君「と、とまらん!止まらんのだよ!!(はあはあ)」

ガッツキ過ぎの体験君に、メグミちゃんも「しょうがないわね」的な表情。
まあ、そんなお姉さん的なエロスがたまらんのですがね。
そして、ストッキングを脱がし終わると再び立たせて、背後でブラ外し→背後からの乳モミ(直で)、そして、正面でその迫力バストを確認して、

体験君「うっひょう!こ、こいつぁご立派だぜ!!」

オッパイをタユタユさせて、嬉々とする体験君。
どうやら、生粋のオッパイ星人らしい(笑)
さて、メグミちゃんを脱がせ終わったらさっそくお風呂へGO!

メグミちゃん「キレイキレイしましょーねー♪」

体験君「うーん、してしてー。」

メグミちゃんの優しい指使いに身をゆだねる体験君ですが、これがまた!
丁寧、かつ、超エロしっ!!

体験君「ああ、極楽ウ…、」

などと、サオ洗いで腑抜けていた体験君。
突如体内に入ってきたメグミちゃんの指に、絶句&モンゼツっ!!

メグミちゃん「うふふ。ここもキレイにしましょーねー。」

突然のアナルアタックに、思いもよらぬ緊張感がみなぎった体験君ですが、そのあとのソフトタッチに、またも腑抜け顔。

カメラマンM「…このギャップがタマランのかもな…。」

うん。体験君、100%コントロールされてるよね(笑)
でもって、湯船でメグミちゃんのボディを満喫する体験君は、まったくそんなことは考えもしません!!

体験君「お、乳首コリコリじゃないの〜。」

メグミちゃん「ううん、エッチねえ♪」

エッチねえ、と言いながらも、メグミちゃんの笑顔はさらにエッチなのです!
体験君の腕をするりと抜けだすと、

メグミちゃん「私も気持ちいいから、ゴホウビよ。」

てなわけで、潜望鏡フェラなんでありますが、やっぱ体験君、気が焦ってるせいか、自分の方から腰浮かせてるもんで、潜望鏡って感じじゃありません!
チュッパチュッパと音を響かせつつ、体験君のチ○ポをしゃぶり続けるメグミちゃん!
そして、十分テンションが上がった体験君は…、

体験君「お、お姉さん!!

ガバッと立ち上がった体験君、湯あたりでちょいとフラつきつつも、メグミちゃんの股間にしゃぶりつき、クンニで恩返しなのであります!!
メグミちゃんは未だに「お姉さんのヨユー」しゃくしゃくの笑顔だったりするんだな!!