Vol.274 桃艶-ももいろ-(石巻)「吉澤 さつき」サン 篇です!!



おぃーっす!ノッチだす!!
今回はここ、石巻にやってきたッスよーっ!!

弟子「しかも、仕込みあり、ですからねェ。でへへへ。」

…え?俺様は何も聞いてないゾ?
そうこうしているうちに待ち合わせ場所に、本日の奥様、「桃艶-ももいろ-」サンの「吉澤 さつき」サンが!!
ホテルや自宅にも呼べるお店っスけんど、今回は「待ち合わせ」をチョイス!
このドキドキ感がタマランのッスよーっ!
さつきサン「あ、よろしくお願いしまーす。」

これまた、遠目からも極上若妻のオーラが分かっちゃう、Sクラスの奥様が登場ッス!
てなわけで、早速、車に乗り込んだ所で…、

弟子「じゃ、例のモノを…、」

むむっ!?ローター!?こんな所で出すんじゃないッ!!

さつきサン「わかりましたー。緊張しますぅ♪」

はいぃ?ま、まさか…、ここでローターを仕込んで、しかも、弟子の手にあるのは…、リモコンスイッチ、だとぅッ?!
俺様の知らぬ間に、弟子は「とびっこ(リモコンローターね)」のオプションを発注!
何という抜け目ない男っ!!
ホテルまでの道中、早々に「とびっこ」も威力を堪能する弟子。
もはや、さつきサンは完全にメロメロなのッス!!

弟子「おやおや、我慢できないのかい?(ニヤリ)」

さつきサン「だって…、(恥)」

感じ始めたさつきサンを、巧みに焦らす弟子。
こやつ、師匠たる俺様を出し抜こうというイキオイなのッス!
こんな末恐ろしい男を、弟子にしてしまった俺様の後悔は、次のシーンで確実なものに!!
ホテル到着、プレイ開始の電話をお店に入れているさつきサンを、ホテルの柱に寄り掛からせて、
「壁ドンからの『とびっこ』&触りまくり」更に「言葉責め」!!

弟子「ほら、お店の人に聞かれちゃうよ?」

…やべえ奴を弟子にしちまった…っ!!
しかも、だ!

弟子「おっと。ローターがずれちゃったねエ。」

と、さつきサンのスカートの中に手を突っ込んで、「ワザと」感じやすいポイントに押し付けながら位置直しッ!!

さつきサン「…ンあっ!!」

焦らされた挙句に、突如襲いかかるストレートな衝撃!!
これにはさつきサン、たまらずその場にへたり込んじゃうッスッ!!



あまりにアグレッシブ、あまりに傍若無人。
俺様の予想の斜め上を、松島基地の戦闘機並みの超音速で急上昇していく弟子。
…それだけならば、俺様の不安も大したことはないのッス。
問題は…、

さつきサン「すごい…、お弟子さんって、テクニシャン…♪」

その気になっちゃったさつきサン、弟子の服を「あっ」ちゅう間に脱がせーの、ご挨拶代わりのライト即フェラ。
俺様、ますます宙ぶらりんの立場に(泣)
置いてきぼりにされながらもカメラを構える、が、しかし、涙でファインダーがゆがむッス。
そんな寂しい俺様を尻目に、軽いフェラだったはずのさつきサン、

弟子「(超イケメンボイスで)君のために、すでにシャワーを浴びているんだ。」

さつきサン「わぁい。じゃ、しっかり舐めテあげるゥ。」

弟子の一言で「がっつり」しゃぶり始めたッス!!
序盤にして、早くもトップギアにぶち込む勢いのお二人ですが、ここは落ち着いて…、

弟子「え、そうすか?」

とりあえず、ほら、お風呂シーンもあるしさ…、って、なんで俺様がこんなに気ぃ使っとんじゃーい(泣)
しかも、脱がせてる間も超ラブラブじゃねーかっ!!!

弟子「ま、無粋な師匠はさておいて。」

うわーん!「さておいて」んじゃねー!とか言いつつ、ここでも濃厚なディープキス!!
見せつけまくる弟子!!
更にお風呂でも超ラブラブ!

弟子「ほらほら、こうすると…、泡立ちが違うでしょー?」

さつきサン「わ!ホントだ!物知りですねェ(惚れ惚れ)」

はうーっ!さりげなくお風呂での「使える小ヒント」を披露するとはッ!!
ワイルドに責めつつ、女子力の高い所もほのめかす!
そこにシビレル!あこがれるゥっ!!(…師匠があこがれてどうすんの(笑):編集部)