体験君「うむ!本日も晴天なり!!」

のっけから青空に半裸(安心してください!腰タオルです!)の体験君。
福島のホテルはこういうのがイイよね、って、言ってるところに本日のヒロイン、なみチャン登場!!

なみチャン「こーんにちわー♪」

体験君「やあ、ごきげんよう。」

しかーし!その直後、なみチャン絶句!!
タオルが外れかけて、若干お宝がコンニチワなのです!!

体験君「あっはっは。放送事故寸前だねえ。」

そんなこと言ったら、このコンテンツ丸ごと放送事故じゃねえか(笑)
てなジョークを交えながら、午後の陽だまりの中でシステム説明&アイテム披露。

体験君「…て、手錠…、(ゴクリ)」

なみチャン「そういうの、がお好きなら…、」

体験君「いえ、むしろウェッルカムな方向で!(きらーん)」

大歓迎かよ!!
しかしまた、なんで体験君が半裸なのかと言うと、この南国リゾート丸出しなホテルに、

体験君「バリ島の別荘を思い出すなあ。」

と、世迷言を言うもんで、
だったら腰タオル一丁で登場だねえ、つか、体験君、その格好だと現地のヒトみたいだぜ(げらげら)、とか言う流れ。

なみチャン「きゃはは。しかも、乳首立ってるし。」

体験君の乳首をいじって喜ぶなみチャンの、そのオッパイにさらにチョッカイを出す体験君。
おっと、なみチャン。お腹はそっとしてあげて(笑)
お腹を触られて、さらに親密度がアップした体験君、そしてなみチャン。

体験君「じゃあ、キレイな脚も触っちゃおうっかなあ。」

てな感じで、セクシィなストッキング美脚にタッチ&開脚。

なみチャン「あ、やっぱり恥ずかしい…、」

体験君「いいからいいから。おいちゃんに任しとき。」

うむう、早くも自らエロオヤジ宣言かっ!
とはいえ、そこはベテラン体験君、自称エロオヤジは伊達じゃない!!

体験君「ほうほう、そんで後ろ向いてー。」

みなチャン「こうですかー、って、いやーん!もう?」

電光石火のスカート脱がしになみチャンも少々焦り気味。
こんなのァ、朝飯前じゃけえのォ、的な体験君のドヤ顔が憎い!!
しかも、一旦脱がし始めたら、そのままスルリスルリ、あれよあれよと言う間に…、
てか、なんでいろんなところが中途半端なのか。

体験君「あれだ、半脱ぎの美学ってやつよ。」

うむう、まあ、分かるような分からんような。
あ、パンストは脱いでもらうのね。
ここで!!

体験君「むふうん。この、おへその辺りが…っ(ちろり)」

みなチャン「あんっ!く、くすぐったいっ!」

おっほう、これはこれでヘンタイチックな…、
体験君「え?だってジェームス・ボンドだってやってるよ?」

…なにかね、チミは自分が世界的な工作員と同等だとでも?
※ちなみに「007/黄金銃を持つ男」で、ロジャー・ムーアが「ホントに」やってます(笑)
で、最後の一枚を脱がせたところで、陽光に溶け込む美しいお二人さん。

体験君「これは、リゾートホテルの宣材写真になるな(笑)」

カメラマンM「ハーレクインロマンスの表紙と言ってほしいねえ(笑)」

大のオトナが二人そろって大はしゃぎ。
しまいにゃ、なみチャン置いてきぼりでございます。
ちなみにこのホテル、みなチャン到着前から体験君がはしゃいでいたのは「露天風呂」の存在。
テラス状の庭に出ると、バスタブと水遊びスペースがあるのだ!!

みなチャン「こんなこともあろうかと、水着をお持ちしました!!」

…みなチャン、このコンテンツのノリを理解し始めちゃったね(笑)

体験君「それじゃあ、オジチャンが手伝ってあげましょう。」

と、水着のトップの肩紐を結んであげる体験君。
紳士ポイントアップだ!(笑)
だがしかーし!
そんな紳士的な行動の余韻を、一撃で粉砕してしまうのが体験君クォリティ!!

体験君「お、おお、これは絶景っ!!」

なみチャン「いやあん!そこから、ですかあ?」

まったくもう!ダイナシじゃねえか!!
まあ、ボクら的にはOKなのだがね。