体験君「いーや、絶対にいるんだよ!清純だけどエッチな素人って!」

「上品で清純そのものなのに、性根がスケベすぎる女の子」は実在するのかどうか、友達ともめた、とか。まあ、ファンタジーの類じゃねえの(笑)
おや、本日のヒロイン、「プレイガール郡山店」さんの奈緒ちゃんの登場ですよ!

奈緒ちゃん「こーんにちわぁ…、って、うわあ。」

体験君「ローアングルチェック!!ドーモ、体験君です!」

…いきなりのオーバーアクションに、奈緒ちゃんはついていけない模様。僕もですが(笑)

奈緒ちゃん「も〜。びっくりしちゃいましたよぅ。」

そりゃあそうでしょう。いくら何でも、体験君のアレはあんまりだ。
だがしかし!そんな体験君に、

奈緒ちゃん「さあ、落ち着いてくださいねぇ。」

と、優しく「のほほん」と語り掛ける奈緒ちゃん!!
体験君も見る間に落ち着きを取り戻し、紳士的に150分コースをチョイス!!

奈緒ちゃん「ありがとうございまぁす!」

無邪気に喜ぶ奈緒ちゃんに、体験君も即時陥落(笑)
お店に連絡した奈緒ちゃんの笑顔に安心したのか(実際は150分コースを選んだので気持ちにゆとりができた、とか)、体験君の表情も奈緒ちゃん以上に「のほほん」状態に。
すると、奈緒ちゃんも様子が徐々に変化。

奈緒ちゃん「じゃあ、ゆっくり楽しめますねぇ。」

というと、ぽてっ、と体験君の膝に寝転がる!
これには体験君も戸惑ったが、なにぶん「のほほん」&コンパクトサイズの奈緒ちゃんである。
その容姿と雰囲気に、文字通りの「猫かわいがり」(笑)
だがしかし!
体験君の微笑みの陰に隠れた、どす黒い欲望がその八重歯…、じゃなくて、キバを剥いた!

体験君「むはははは!それじゃあ第一のオプション、ストッキング破り!」

奈緒ちゃんの太ももを撫でていた体験君は、突如ストッキングをつまみ上げ、その弱いところからびーりびりーっ、と!!

奈緒ちゃん「きゃあ!」

さっきまで、安心しきった子猫のようだった奈緒ちゃんは、体験君のワイルドかつ無慈悲な攻勢に怯え…、おび…、あれ?
体験君は破るのに夢中で気が付いてないようですが奈緒ちゃんは微かに微笑んでませんか?
微笑んでますよね?

奈緒ちゃん「実はですねぇ…、」

奈緒ちゃんが語るところによると、今までお堅い仕事ばかりしていたために、この仕事に就いた後も周りからは「まじめで、のんびりした女の子」だと思われていた、と。
だが、実は激しいプレイに対する好奇心は人一倍強く、そのギャップが悩みでもあり、同時にお客様に好評だとか。
なるほどね。
奈緒ちゃん「だけどぉ、旦那さんが淡白なヒトでぇ、」

ふむふむ、旦那がねえ…、ダンナ?

奈緒ちゃん「あ、ワタシ人妻ですよぉ♪」

あ!そういやそうだった!!
人妻オーラを完全に払しょくするほどの可愛らしさのため、お店のHPの紹介をすっかり忘れていました!
まあ、何はともあれ、淡白なダンナに飽き足らずワイルドなプレイに燃えてしまう身体になってしまった、ということらしい。
その話に聞き入っていた体験君、これだ、と膝を叩き、

体験君「ほら、こういう人がいるんだよ!世の中には!」

えーと、ああ、根っこがスケベな上品美女?なるほど、こういうことか…(ちょっと納得)
そうこうしているうちに体験君は脱がされ、奈緒ちゃんも脱がされ、お互い薄絹一つ、という状態に。

体験君「さあ、ほんじゃ御開帳!」

と、ブラを取るようにせかす体験君ですが、実際、そんなに経験を積んだわけではない奈緒ちゃん。
ブラを取るのも恥ずかしそう…。

奈緒ちゃん「じゃあ…、いきますねぇ…、」

おずおずとブラを外すと、そこには形の良い美乳が!

体験君「イーやっハーっ!!こいつぁ、おいしそうでガンス!!」

早くも狂乱状態の体験君。
一刻も早く奈緒ちゃんの美乳を味わうべく、喜び勇んでお風呂にGO!
お風呂でお互いの身体を隅々まで洗い、体験君はムスコを優しく洗われつつ、奈緒ちゃんの美乳を全身で味わい…、

カメラマンM「…あれ?お風呂の奥のドアって…、」

あ?あれ!?お風呂の外は…、

体験君「おいおい!お風呂の向こうはまたお風呂!露天じゃねえか!!」

一気にテンションの上がる体験君!!そして、奈緒ちゃんも…、

奈緒ちゃん「うわあ。すごいですよぉ(の〜んびり)」

…相変わらずのマイペースで、まあ、これも奈緒ちゃんの「売り」の一つでしょうか(笑)
てなワケで、急きょ青空の下で、経験の浅い奈緒ちゃんにローションプレイをレクチャーしようって魂胆だ!!
体験君のローションプレイレクチャーは、微に入り細にわたり、濃厚かつシツヨウ!!

体験君「そうそう、そうやってムスコをだな、ああ、そうだ…、イイぞう…、」

早くも恍惚の表情を浮かべる体験君に、

奈緒ちゃん「こう、ですかぁ?」

と、おっかなびっくりの奈緒ちゃん。
その様子が愛おしすぎたのでしょう。体験君は思わず…!!(2ページ目に続く!!)